論理と感性についての国際的な研究拠点の形成を目指す 慶應義塾大学 論理と感性のグローバル研究センター

論理と感性のグローバル研究センター メンバー紹介

共同研究員

  • 柴田 みどり(しばた みどり)
  • コミュニケーション場面で多用される比喩やアイロニー、間接発話、ユーモアといった発話理解について行動実験や脳機能イメージング(fMRI)を用いた研究を行っている。さらに、これらの発話理解と感情の関係についても検討している。

  • ■最終学歴
    2008年3月 北海道大学大学院文学研究科博士課程(人間システム科学専攻)修了:博士(文学)
    ■主な職歴
    2008年4月~2010年3月 北海道大学大学院文学研究科大学院教育改革支援プログラム学術研究員
    2008年4月~現在    北翔大学非常勤講師
    2010年4月~2012年3月 慶應義塾大学先導研究センター GCOE「論理と感性の先端的教育研究拠点」非常勤研究員

  • Shibata, M., Toyomura, A., Motoyama, H., Itoh, H., Kawabata, Y., & Abe, J. (in press). Does Simile Comprehension Differ from Metaphor Comprehension? -A functional MRI Study-. Brain and Language.
    Shibata, M.,(2012). What is the Difference between Metaphor and Simile?-fMRI Study-. CARLS Series of Advanced Study of Logic and Sensibility, 5, 101-109.
    Shibata, M., Abe, J., Itoh, H., Shimada, K. & Umeda, S. (2011) Neural processing associated with comprehension of an indirect reply during the scenario reading task. Neuropsychologia, 49, 3542-3550.
    Shibata, M., Terasawa, Y., & Umeda, S. (2011) Why not say it directly? Neural basis of indirect speech comprehension. CARLS Series of Advanced Study of Logic and Sensibility, 4, 121-127.
    Shibata, M.,Toyomura, A., Itoh, H., & Abe, J. (2010). Neural substrates of irony comprehension: A functional MRI study. Brain Research.1308, 114-123.

メンバー一覧に戻る