論理と感性についての国際的な研究拠点の形成を目指す 慶應義塾大学 論理と感性のグローバル研究センター

論理と感性のグローバル研究センター メンバー紹介

共同研究員

  • 佐藤 有理(さとう ゆうり)
  • 人間の思考・推論と表現様式の依存関係を明らかにする研究を進めている。特に、量化子を伴う推論における図的表現の認知的有効性、論理結合子を伴う推論における拡張現実の認知的影響、オントロジー無矛盾性判定の視覚化とその評価などの課題に取り組んでいる。

  • ■最終学歴
    2013年 慶應義塾大学文学研究科哲学・倫理学専攻 単位取得退学、博士(哲学)学位取得
    ■主な職歴
    2013年4月〜2016年3月 日本学術振興会特別研究員PD (東京大学情報学環/総合文化)
    2016年4月〜2016年8月 東京大学大学院情報学環 交流研究員
    2016年9月〜 Research Fellow, School of Computing, Engineering and Mathematics, University of Brighton

  • Sato, Y. & Mineshima, K. (2016). Human reasoning with proportional quantifiers and its support by diagrams. In: 9th International Conference on the Theory and Application of Diagrams, LNAI vol.9781, pp.123-138, Springer.
    Sato, Y. & Mineshima, K. (2015). How diagrams can support syllogistic reasoning: an experimental study. Journal of Logic, Language, and Information, 24, 409-455.
    Sato, Y., Masuda, S., Someya, Y., Tsujii, T., & Watanabe, S. (2015). An fMRI analysis of the efficacy of Euler diagrams in logical reasoning. In: 2015 IEEE Symposium on Visual Languages and Human-Centric Computing, pp.143-151, IEEE Press.

メンバー一覧に戻る