論理と感性についての国際的な研究拠点の形成を目指す 慶應義塾大学 論理と感性のグローバル研究センター

論理と感性のグローバル研究センター メンバー紹介

共同研究員

  • 井出野 尚(いでの たかし)
  • 意思決定過程や選好形成過程に関し、眼球運動測定装置や潜在的連想テストなどの非意図的な測定からアプローチを行っている。今後は、論理的思考プロセスについて視線データから検討していく予定である。

  • ■最終学歴
    早稲田大学大学院 文学研究科 博士後期課程 心理学専攻 1999年4月~2005年3月 退学(単位取得)
    ■主な職歴
    早稲田大学文学学術院、立教大学現代心理学部他 非常勤講師

  • Takahashi, H., Fujie, S., Camerer, C., Arakawa, R., Takano, H., Kodaka F., Matsui, H., Ideno, T., Okubo, S., Takemura, K., Yamada, M., Eguchi Y., Murai, T., Okubo, Y., Kato, M., Ito, H., & Suhara T. (2013) Norepinephrine in the brain is associated with aversion to financial loss. Molecular Psychiatry, 18(1):3-4. doi: 10.1038/mp.2012.7.
    Takahashi, H., Takano, H., Camerer, C.F., Ideno, T., Okubo, S., Matsui, H., Tamari, Y., Takemura, K., Arakawa, R., Kodaka, F., Yamada, M., Eguchi, Y., Murai, T., Okubo, Y., Kato, M., Ito, H., & Suhara, T. (2012) Honesty mediates the relationship between serotonin and reaction to unfairness. Proceedings of the National Academy of Sciences, 109(11) 4281-4284, doi: 10.1073/ pnas.1118687109.
    Omori, A., Tateno, A,, Ideno, T., Takahashi, H., Kawashima, Y., Takemura, K. & Okubo, Y. (2012) Influence of contact with schizophrenia on implicit attitudes towards schizophrenia patients held by clinical residents. BMC Psychiatry. 2012 Nov 22;12:205. doi: 10.1186/1471-244X-12-205.
    井出野尚・竹村和久 (2013) シリーズ「消費者行動とマーケティング」3.潜在的認知測定と消費者行動分析. 繊維製品消費科学, 53, 22-30.

メンバー一覧に戻る