論理と感性についての国際的な研究拠点の形成を目指す 慶應義塾大学 論理と感性のグローバル研究センター

論理と感性のグローバル研究センター メンバー紹介

共同研究員

  • 堀 美里(ほり みさと)
  • 中世(700~1400年)の英語の歴史を研究の主とする。主な専門は古英語における文法の研究、特に不定代名詞manを統語論の観点から通時的に観察し、その語が消滅した理由を明らかにする研究を行っている。

  • ■最終学歴
    慶應義塾大学大学院文学研究科英米文学専攻後期博士課程単位取得退学
    ■主な職歴
    独立行政法人日本学術振興会特別研究員DC2 (2016年3月末日迄)
    慶應義塾大学文学部非常勤講師、専修大学非常勤講師 (2016年4月より)

  • Hori, Misato. 2015. "Indefinite Pronoun man in the Transitional Period". The Geibun-Kenkyu 108: 221-240.

メンバー一覧に戻る