論理と感性についての国際的な研究拠点の形成を目指す 慶應義塾大学 論理と感性のグローバル研究センター

論理と感性のグローバル研究センター メンバー紹介

共同研究員

  • 小泉 篤士(こいずみ あつし)
  • 専門は古典考古学、古代ギリシャ・ローマ美術史。近年は、古代ローマに点在した庭園(horti)の美術品蒐集を事例研究の対象として、西洋古代における美的判断の論理と感性の解明に努めている。

  • ■最終学歴
    慶應義塾大学大学院文学研究科美学美術史学専攻後期博士課程所定単位取得退学
    ■主な職歴
    慶應義塾大学大学院文学研究科助教(有期・研究奨励)(2009年~2010年)

  • 「古代ローマ庭園の美術コレクション:サルスティウス庭園にみる諸問題とともに」, 遠山公一/金山弘昌編『美術コレクションを読む』慶應義塾大学出版会, 2012年, pp. 3-23.

メンバー一覧に戻る