論理と感性についての国際的な研究拠点の形成を目指す 慶應義塾大学 論理と感性のグローバル研究センター

論理と感性のグローバル研究センター メンバー紹介

有期教員及び研究員

  • 森井 真広(もりい まさひろ)
  • 慶應義塾大学 先導研究センター 研究員(非常勤)
  • ヒトの選択行動と眼球運動の関係性について研究を行っている。特に"選好"に関連した選択行動に着目し、眼球運動データを用いて選択行動の予測と制御に関する検討を行っている。

  • ■最終学歴
    2014年3月 慶應義塾大学大学院社会学研究科心理学専攻博士課程 単位取得退学
    ■主な職歴
    2014年4月 慶應義塾大学「思考と行動判断」の研究拠点 PD研究員 (〜2015年3月)

  • 森井真広・坂上貴之 (2014). 評価的条件づけ過程における眼球運動の分析 思考と行動判断の研究拠点中間報告, 3-13.

メンバー一覧に戻る