論理と感性についての国際的な研究拠点の形成を目指す 慶應義塾大学 論理と感性のグローバル研究センター

論理と感性のグローバル研究センター メンバー紹介

有期教員及び研究員

  • 染谷 芳明(そめや よしあき)
  • 慶應義塾大学 先導研究センター 特任助教(有期)(研究)(非常勤)
  • MRIを用いた脳機能研究及び測定技術の開発。
    体性感覚、特にC繊維上行性の痛覚信号が脳機能に与える影響。脳内代謝物質の加齢変化。機能的 MRIによる大脳機能組織内及び組織間の相互作用の研究。

  • ■最終学歴
    2002年3月 明治鍼灸大学大学院鍼灸学研究科 臨床鍼灸学専攻博士後期課程 卒業
    2002年3月 鍼灸学博士取得
    ■主な職歴
    2002年4月 株式会社ビーエフ研究所 研究員 着任
    2004年3月 同 会社満期終了により退職
    2004年4月 濱野生命科学研究財団小川脳機能研究所 研究員 着任
    2008年2月 同 財団解散により退職
    2008年4月 慶應義塾大学社会学研究科 特認助教 着任
    2012年3月 任期満了に伴い退職
    2012年4月 慶応大学先導研究センター研究協力員、東京工業大学社会理工学研究科・fMRI教育支援員 着任
    2015年4月 慶応大学先導研究センター 論理と感性のグローバル研究センター研究員 着任

  • Ozaki TJ, Sato N, Kitajo K, Someya Y, Anami K, Mizuhara H, Ogawa S, Yamaguchi Y. Traveling EEG slow oscillation along the dorsal attention network initiates spontaneous perceptual switching.
    Cogn Neurodyn. 2012 Apr;6(2):185-98. Epub 2012 Mar 21.

    Makuuchi M, Someya Y, Ogawa S, Takayama Y.
    Hand shape selection in pantomimed grasping: Interaction between the dorsal and the ventral visual streams and convergence on the ventral premotor area. Hum Brain Mapp. 2011 Jul 7. doi: 10.1002/hbm.21323. [Epub ahead of print]

    Sung YW, Someya Y, Eriko Y, Choi SH, Cho ZH, Ogawa S.
    Involvement of low-level visual areas in hemispheric superiority for face processing. Brain Res. 2011 May 16;1390:118-25. Epub 2011 Apr 13.

    Sato N, Ozaki TJ, Someya Y, Anami K, Ogawa S, Mizuhara H, Yamaguchi Y.
    Subsequent memory-dependent EEG theta correlates to parahippocampal blood oxygenation level-dependent response. Neuroreport. 2010 Feb 17;21(3):168-72.

メンバー一覧に戻る