論理と感性についての国際的な研究拠点の形成を目指す 慶應義塾大学 論理と感性のグローバル研究センター

論理と感性のグローバル研究センター メンバー紹介

共同研究員

  • 松田 壮一郎(まつだ そういちろう)
  • 発達障害のある乳幼児・児童を対象とし、応用行動分析を軸にした臨床発達研究を進めている。主な研究トピックとしては、(1)他者感情理解(2)社会的相互作用(3)社会的刺激に対する眼球運動、が挙げられる。

  • ■最終学歴
    慶應義塾大学社会学研究科心理学専攻 博士課程 単位取得満期退学
    ■主な職歴
    日本学術振興会特別研究員(PD)慶應義塾大学非常勤講師

  • Matsuda, S., & Yamamoto, J. (2015). Intramodal and cross-modal matching of emotional expression in young children with autism spectrum disorders. Research in Autism Spectrum Disorders, 10, 109-115.

    Matsuda, S., & Yamamoto, J. (2014). Computer-based intervention for inferring facial expressions from the socio-emotional context in two children with autism spectrum disorders. Research in Autism Spectrum Disorders, 8, 944-950.

    Matsuda, S., & Yamamoto, J. (2013). Intervention for increasing the comprehension of affective prosody in children with autism spectrum disorders. Research in Autism Spectrum Disorders, 7, 938-946.

メンバー一覧に戻る